お江戸板橋 人物往来

第2回 江戸四宿・板橋宿
〜その2

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:板橋なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

四宿は江戸の玄関口

それで今回は中山道板橋宿の話から始まるんですよね、蔵三さん。ちょっと、寝てる場合じゃないでしょ。

ゆうべ、ちょいと大山で飲んだんだよ。いや〜、よく飲んだ。よく歌い、よく食べましたよ。だから眠いの。わかる? ところで何の話だったっけ。

仕事なんですから、ちゃんとして下さいよ。中山道板橋宿でしょ。

中山道板橋宿って偉そうに言うけど、それじゃあ五街道っていうのは、中山道以外に何がある?

う〜ん。何だろ。東海道はわかるけど、あとは何? 北海道?

酔ってもいないのに恐ろしいボケをかますなぁ、キミも。いつから北海道が道になったんだよ。出来た順に言えば東海道、日光街道、奥州街道、中山道、甲州街道の5つだ。

あはは。そういえば甲州街道と日光街道は今でも名前が残ってるわよね。

旧国道4号の宇都宮以北を奥州街道と呼ぶこともある。東海道は新幹線の代名詞になって残っているから、名前が消えてしまったのはむしろ今回のテーマである中山道ぐらいかな。

その五街道は、いつ頃できたの?


慶長9年(1604)に日本橋が基点と定められてから、3代将軍家光の時代、寛永元年(1636)から正保3年(1646)の22年間で東海道、日光街道、奥州街道が完成。5代綱吉の元禄7年(1694)に中山道、甲州街道は時代がずっと下って10代家治の明和9年(1772)に完成する。

中山道っていうのは、日本橋から最終的にどこまで行けたの?

中山道としては草津までだけど、そこから東海道と合流するから、最終的には京都までということになる。要するに、上方へ行く海側のルートが東海道で、内陸側のルートが中山道。木曽の山中を通るから、一般庶民には木曾街道、木曽路なんていう呼び方の方が馴染みがあったようだね。

木曽路っていうと、どうしてもしゃぶしゃぶが食べたくなるわねぇ。

あの店名は、木曽路の宿場町をイメージしているらしいよ。旅人のようにゆっくりくつろいで欲しいということのようだけど、だったら東海道でも奥の細道でも良かったんだろうけど、まぁ、商標登録の関係だろうな。それはさておき、五街道にはそれぞれ一里ごとに一里塚、一定距離ごとに宿場を置いた。中山道の場合129里の間に宿場は67カ所あったということだから、だいたい2里、つまり8キロに1カ所の割合だ。

一日で歩く距離ってどのくらいかなぁ?

江戸時代は一日十里というのが標準。つまり、1時間に一里。ということは、普通に歩けば、宿場は2時間にひとつぐらいの割合であったということだな。

板橋宿は日本橋から数えて何番目ぐらい?

最初の宿場だ。当時の住所は武蔵国豊島郡下板橋村。日本橋からは3里弱というところだね。だから板橋宿を抜けた後に現れる3里目の一里塚が今でも志村に残っている。一里塚が当時に近い形で残っている例というのは、都内では北区西ヶ原と志村の二カ所だけだからね。なかなか貴重なものなんだ。

へぇ〜。最初の宿場っていうことは、板橋宿は江戸の玄関口みたいな感じだったのね。

そう。板橋宿は川越街道の起点でもあったからね。今でいうならターミナル駅みたいなもんだ。品川、千住、内藤新宿と並んで江戸四宿と呼ばれていた。だから見送る人、迎える人でいつもごったがえす。当然旅人目当ての商売も盛んになるし、物流の拠点にもなる。そんなわけで、江戸時代の板橋宿は、交通量も、飛び交うお金の量もハンパじゃなかった。
<続きは次回>

ページトップへ戻る